1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 議長に今井氏 決算など10議案提出 秦野市議会

議長に今井氏 決算など10議案提出 秦野市議会

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年9月19日(木) 05:00

 秦野市議会は18日開会の第3回定例会で議長選を行い、今井実氏(68)=自民党・新政クラブ=を選任した。副議長には木村眞澄氏(68)=無所属=を選んだ。任期は申し合わせにより、議長2年、副議長1年。

 議長選には今井氏と吉村慶一氏(64)=無所属=が立候補。投票では今井氏が10票、立候補していない八尋伸二氏(56)=市民クラブ=が9票、吉村氏が1票となり、今井氏が選任された(無効4票)。

 今井氏はあいさつに立ち、「人口減少や地域商業の衰退など大変厳しい状況の中で、執行部と連携を取り、議会でできる努力を最大限していく」と述べた。

 副議長も投票により、22票を集めた木村氏が選出された(無効2票)。


今井実氏
今井実氏

木村眞澄氏
木村眞澄氏

 今井 実氏(いまい・みのる) 2007年初当選。4期目。副議長、総務常任委員長、議会運営委員長などを歴任。県立小田原高卒。鶴巻南。

 木村 眞澄氏(きむら・ますみ) 2002年初当選。6期目。文教福祉常任委員長、環境都市常任委員長などを歴任。相模女子大短大部卒。下大槻。


決算など10議案提出

 秦野市議会第3回定例会は18日、開会した。市は2018年度一般会計歳入歳出決算の認定など10議案を提出した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

秦野市議会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング