1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「表現の自由逸脱。開催認めない」愛知の芸術祭で黒岩知事

「表現の自由逸脱。開催認めない」愛知の芸術祭で黒岩知事

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年8月27日(火) 19:13

定例会見で自身の見解を示す黒岩祐治知事=県庁
定例会見で自身の見解を示す黒岩祐治知事=県庁

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」について、黒岩祐治知事は27日の定例会見で「(展示内容が)表現の自由から逸脱している。もし同じことが神奈川県であったとしたら、私は開催を認めない」と述べた。

【横浜市、IR誘致表明】知事、林市長の決断を支持 方針転換は「違うと思う」

 不自由展は、国内の美術館やイベントで撤去や公開中止となった作品を集めた企画。昭和天皇とみられる人物を扱った作品などが展示された。抗議が多数寄せられ、愛知県が「安全な運営が危ぶまれる」として開幕から3日で中止となった。

 会見で黒岩知事は「私もメディア出身。表現の自由は非常に大事だが、何でも許されるわけではない」と指摘。「あれは表現の自由ではなく、極めて明確な政治的メッセージ。県の税金を使って後押しすることになり、県民の理解は得られない。絶対に(開催を)認めない」と強調した。

 なかでも、元従軍慰安婦の女性を象徴した「平和の少女像」については「事実を歪曲(わいきょく)したような政治的メッセージ」と指摘。「慰安婦を強制連行したというのは韓国側の一方的な主張だ」との持論を述べつつも、記者がさらに質問を続けようとすると遮り、「そういう問題について深く踏み込む話じゃない」といら立った様子を見せた。

黒岩祐治(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング