1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 関東学院大と連携協定を締結 鎌倉市

関東学院大と連携協定を締結 鎌倉市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年9月20日(水) 02:00

協定を締結した松尾崇市長(左)と規矩大義学長=鎌倉市役所
協定を締結した松尾崇市長(左)と規矩大義学長=鎌倉市役所

 鎌倉市と関東学院大は19日、人材育成や政策提案などで連携するための協定を締結した。

 大学の知見を地域の課題解決に生かしたり、学生が地方自治の現場で学んだりする機会をつくろうと、同大が協定締結を打診した。市側は、職員が大学の講義を受けてスキルアップにつなげるほか、学生のインターンシップを受け入れることなどを想定している。

 松尾崇市長は「連携を深め、鎌倉のよりよいまちづくりに力を貸してほしい」と話し、同大の規矩(きく)大義学長は「例えば長期のインターン受け入れなど、学生が外で学び、地域に育ててもらえたら」と応じた。同大は本年度から法学部に地域創生学科が新設され、近隣自治体の首長が講義する科目を設けている。小田原市、逗子市、葉山町とも協定を結んでいる。

こちらもおすすめ

関東学院大に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング