1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 現職と新人の一騎打ちか 松田町長選が告示へ

現職と新人の一騎打ちか 松田町長選が告示へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年9月4日(月) 02:00

 任期満了に伴う松田町長選は5日、告示される。立候補を予定しているのは、ともに無所属で、再選を目指す現職の本山博幸氏(47)と、新人の高橋為生氏(63)=出馬表明順=の2人。2013年の前回選挙と同様、現職と新人の一騎打ちが予想される。投開票は10日。

 本山氏は、民間の有識者組織が同町を一つに挙げた「消滅可能性都市」からの脱却を掲げ、(1)福祉と安全・安心(2)雇用とにぎわいの創出(3)人を育てる-の3点を公約の柱に据える。

 健康支援会社社長を務める高橋氏は、予防医療や健康といった自らの専門性を生かして「健康経営」を実現し、医療関連経費を削減するなどして財政を健全化させると訴える。

 9月1日現在の有権者数は計9831人(男4854人、女4977人)。

松田町長選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング