1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 水・金曜日は「かりゆし」 糸満市との友好深める 厚木

水・金曜日は「かりゆし」 糸満市との友好深める 厚木

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年6月6日(木) 05:00

職員にかりゆしウエア着用を促す「かりゆしデー」を始めた厚木市役所=同市中町、2019年6月5日撮影
職員にかりゆしウエア着用を促す「かりゆしデー」を始めた厚木市役所=同市中町、2019年6月5日撮影

 厚木市は5日、沖縄県糸満市と友好都市の盟約を結んでいることから、沖縄の夏の正装「かりゆしウエア」の着用を毎週水・金曜日に促す「かりゆしデー」を始めた。

 糸満市とは昨年に友好都市の盟約を締結、その友好関係をさらに推し進めるのが狙い。同日は早速涼しげな淡い色合いや、ハイビスカス柄のウエアを着込んだ職員の姿が見られた。職員の1人は「着心地が良い。沖縄らしい色合い、柄も気に入っている」と話した。

 かりゆしデーの実施は、夏場に軽装で働く職員の「クールビズ」期間の10月末まで。市企画政策課は「糸満市との友好の証の一つである、かりゆしウエアを職員が着ることで、さまざまな友好交流の機運を高めていきたい」とした。

 市議会でも17日の第2回会議最終日の本会議でウエアを身に着ける「かりゆし議会」を実施する予定。市側も市長ら出席者全員が着用で臨む見通しという。

友好都市に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング