1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 太陽光発電、設備共同購入で割安に 県、民間事業者と連携

太陽光発電、設備共同購入で割安に 県、民間事業者と連携

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年5月14日(火) 05:00

 太陽光発電の普及拡大を目指し、県は民間事業者と連携し、太陽光発電設備の共同購入事業を新たに始める。県内の個人や法人から購入希望者を募り、一括発注することで通常より割安の費用で導入できる。

 県は4月、海外で共同購入事業を展開している「アイチューザー」(東京都)と協定を締結。国内初の取り組みで、一括発注によって単独で購入するよりも低価格での導入が見込める。海外の事例では1~3割ほど安くなったという。

 募集期間は17日から6月20日まで。複数回の募集を通じ、500~5千軒への設置を目指す。今後、施工業者を入札で決定し、7月以降、購入するか否かの意思確認や現地調査などを実施。設置は11月~来年3月ごろになる見通し。

 県エネルギー課によると、標準的な一戸建て住宅に単独で導入する際にかかる費用は施工費込みで100万円前後。担当者は「通常より割安で導入できるこの機会にぜひ検討してもらいたい」と呼び掛けている。

 購入希望者はホームページ(https://www.chiikiminna.jp/solar/kanagawa)の申し込みフォームに必要事項を記入して申し込む。問い合わせは、アイチューザー社電話03(4540)1800。

こちらもおすすめ

太陽光発電に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング