1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ふるさと納税返礼品充実 平塚市、海産物などを追加

ふるさと納税返礼品充実 平塚市、海産物などを追加

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年7月21日(金) 02:00

湘南しらすやサーフボードなどが新たに加わった、平塚市のふるさと納税返礼品
湘南しらすやサーフボードなどが新たに加わった、平塚市のふるさと納税返礼品

 平塚市は21日から、4月から導入しているふるさと納税の返礼品として「海」にちなんだ28品目(11事業者)を新たに追加すると発表した。

 新たな返礼品は、平塚沖で取れた湘南しらすや干物などの海産物、市内事業者が生産したサーフボード、サーフィン教室の体験型の商品などで、計61品目となる。市は「平塚らしさを模索する中で、地域を象徴する『海の魅力発信』にたどり着いた」と話す。

 市によると、返礼品制度を導入した4月以降の3カ月間で寄付は174件約303万円に上った。昨年度は返礼品がなく、12件約60万円にとどまっていただけに、市は「件数が多かったことは広く周知された結果」と評価、返礼品の追加を決めたという。

 一方、ふるさと納税は応援したい自治体に寄付すると税金が軽減される制度だが、自治体間の競争により返礼品の高額化などが問題になっている。総務省はことし4月に返礼品の調達額を寄付額の3割を上限の目安とするよう求めたが、追加した返礼品は3割以下に抑えているという。

 「今回の追加分の反応を踏まえ、秋以降の対応も考えたい」と市担当者。今春の米の食味ランキングで最高評価を得た「はるみ」などの導入を視野に入れ、準備を進めるとしている。

 問い合わせは、市財政課電話0463(21)8765。

ふるさと納税に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング