1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ラグビーW杯・五輪開催へ横浜市が初の合同委

ラグビーW杯・五輪開催へ横浜市が初の合同委

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年7月6日(木) 02:00

経済界やスポーツ団体などから約70人が出席した専門委員会合同委員会=横浜市中区
経済界やスポーツ団体などから約70人が出席した専門委員会合同委員会=横浜市中区

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と20年の東京五輪・パラリンピックの会場予定地となっている横浜市は5日、両大会の実務的な協議を行う専門委員会の初の合同委員会を同市中区で開いた。経済界やスポーツ、文化、交通などから約70人が参加し、両大会開催に向けて情報共有した=写真。

 市は両大会に向けて昨年11月に開催推進委員会を設立。課題整理や対応策検討、関連団体の連携推進などを協議するため、同委員会内に実務担当者らによる専門委を設立した。今後はさらに「交通・輸送」「警備・医療」などの専門部会に分かれて協議する予定。

 合同委では専門委会長を務める柏崎誠副市長が「全力でおもてなしし、にぎわいと活力を創出して発展させたい」などとあいさつ。担当者が市の取り組みなどを報告し、交通輸送や機運醸成などに協力を求めた。

ラグビーW杯に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング