1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「共謀罪」法の強行採決抗議  県内大学関係者が声明

「共謀罪」法の強行採決抗議  県内大学関係者が声明

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年6月28日(水) 10:39

抗議声明を発表した呼び掛け人ら=県庁
抗議声明を発表した呼び掛け人ら=県庁

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法について、県内の大学関係者有志がこのほど、抗議声明を発表した。

 声明の表題は「共謀罪法強行採決に抗議する県内大学人の緊急声明」。同法を「言論、内心の自由を著しく脅かす」とし、監視社会化の恐れを指摘。参院法務委員会の審議を途中で打ち切るなどした成立過程も問題視し、「人権と民主主義を根幹から傷つける事態」として同法廃止を求めている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

共謀罪に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング