1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「政治不信つながる」希望・松沢代表が苦言

細野氏の自民党二階派入会巡り
「政治不信つながる」希望・松沢代表が苦言

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年1月31日(木) 17:00

松沢成文氏
松沢成文氏

 細野豪志衆院議員の自民党二階派入会を巡り、希望の党の松沢成文代表(参院神奈川選挙区)は31日の会見で、「真っ向から批判していた政党に舌の根も乾かぬうちにぽーんと移動するのは、自分が生き延びたいというのが垣間見え、国民の政治不信につながる」と苦言を呈した。

 松沢氏は「大きいところにいないと将来、出世はないと考えるのだろうか。寄らば大樹(の陰)のようになってしまったことは残念」とも指摘。自身については「私も政党の名前は変わっているが、自民には行かない、反対野党には行かない、必ず改革保守の第三極をつくろうというポジションにはいたつもりだ」と説明した。

 松沢氏と細野氏は、2017年秋に旧希望の党を立ち上げた「結党メンバー」の一員だった。

松沢成文(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング