1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜10大ニュース 1位は成人式晴れ着トラブル

横浜10大ニュース 1位は成人式晴れ着トラブル

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年12月18日(火) 17:00

成人の日を前に突然営業を取りやめ、人の出入りがなくなった「はれのひ」本部=1月8日、横浜市中区
成人の日を前に突然営業を取りやめ、人の出入りがなくなった「はれのひ」本部=1月8日、横浜市中区

 横浜市の林文子市長は18日の定例会見で、市民が選んだ今年の「横浜10大ニュース」を発表した。1位は振り袖販売・レンタル業者「はれのひ」が突然営業を取りやめ、成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題(2063票)だった。

 2位に南区出身の落語家桂歌丸さん死去(1935票)、3位に相鉄線星川-天王町間の全線高架化(1654票)が続いた。

 市が10月末現在で選んだ33項目の候補から最大10項目を選ぶ仕組みで、11月20日から12月11日までに、市内在住の3824人がインターネットやはがきで投票した。

 市内に本社を構える日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の逮捕(11月19日)は候補外だったが、自由記載枠で153票を集めた。

 市長は結果について「ほぼ私の気持ちと一致している」との感想を述べた。1位については発覚後に団体などから寄せられた支援に触れ、「さまざまな善意の申し出の気持ちは大変ありがたく、感謝の気持ちでいっぱいだった」と改めて謝意を示した。横浜にぎわい座(中区)の2代目館長を務めた歌丸さん死去については「本当に悲しい思いをした」と回顧した。

 市長は会見で、今年を象徴する漢字1文字に「確」を挙げた。「目指している政策、思いが確実に進んできた」ことが理由で、「職員や市民とのコミュニケーションが非常に良く取れた」と総括した。


10大ニュースに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング