1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 山北町議会請願2件 12年ぶりに提出

山北町議会請願2件 12年ぶりに提出

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年6月14日(水) 02:00

 14日に開会する山北町議会6月定例会に、12年ぶりに請願2件が提出された。15日に開催予定の総務環境常任委員会に付託、審査される。

 2件の請願ではそれぞれ、所得税法第56条廃止の意見書と、「共謀罪」の制定に反対または慎重な審議を求める意見書を、政府に提出するよう要望している。所得税法は県商工団体連合会婦人部協議会会長が、共謀罪は町民2人が提出、受理された。

 共謀罪に関する請願では、法の処罰の対象となる「組織的犯罪集団」の定義が漠然としているなど計14の問題点を列挙。「活発で自発的な市民活動の萎縮につながる恐れも考えられる」などと指摘している。

 同町議会に請願が提出されたのは、2005年5月、廃棄物を一括処理するプロジェクト構想の中止を求め、町民有志が請願書を提出して以来となった。

共謀罪に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング