1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 福田市長が議会で再選出馬表明 10月の川崎市長選

福田市長が議会で再選出馬表明 10月の川崎市長選

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年6月6日(火) 02:00

 川崎市の福田紀彦市長は5日、市議会第2回定例会初日の本会議の提案説明の中で、任期満了に伴う市長選(10月8日告示、同22日投開票)に再選を目指し立候補する考えを表明した。

 待機児童対策や小児医療費助成の対象年齢引き上げ、中学校完全給食の実現、川崎臨海部や中小企業の活性化などを挙げ、2013年11月の就任以来の市政運営について「持続的な成長をけん引する取り組みを進めてきた」と総括した。

 その一方で「子どもや若者が安心して生きていける社会の実現、超高齢社会であっても誰もが生き生きと暮らせるまちづくり、都市全体の安全性の向上など将来を見据えて取り組まなければならない課題が多くある」とも指摘。「課題を前向きに捉え、さらにステージアップしていくためにもチャレンジし続けていくことが私に課せられた使命」と強調した。

 市長は「今後も150万人都市の川崎を発展させるため、市政運営に全力を尽くしていきたい」と締めくくり、続投への理解を求めた。すでに3月30日の会見で再選出馬の意向を表明しているが、市議会では初めての表明となった。

こちらもおすすめ

市長選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング