1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 災害時のごみ処理などで2団体と協定/厚木市

災害時のごみ処理などで2団体と協定/厚木市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2010年4月28日(水) 20:25

災害時のごみ処理などで厚木市は28日、厚木市廃棄物処理業協同組合(井上重壽理事長、8社)と協同組合厚木市資源再生センター(尾島忠理事長、21社)の2団体と災害協定を結んだ。

協定は、連携して市民の環境衛生を確保する狙いで、両団体は被災地域でのごみなどの収集・運搬や、市の施設が稼働できない際のごみの一時保管場所の運営管理、人員や機材の提供などで市を支援する。

協定締結式で、小林常良市長が両団体の協力に「ありがたく思う」と述べ、井上理事長らは「組合員は日ごろのごみ収集業務などで市内の地理や情報に詳しい。災害時以外でも危険な個所を発見したら報告したい」と話していた。

厚木市の民間団体や他自治体などと結んだ災害協定は、今回で68件目。

【】

災害協定に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング