1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 2010年度予算案、一般会計実質1%減/葉山町

2010年度予算案、一般会計実質1%減/葉山町

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2010年2月13日(土) 17:30

葉山町の森英二町長は12日、総額168億1900万円の2010年度当初予算案を発表した。うち90億9千万円の一般会計は政府が実施する子ども手当が盛り込まれているため、前年度当初比3・5%増となったが、実質では同1・0%減になるという。

一般会計の歳入は、全体の62・2%を占める町税が景気低迷の影響で、同2・8%減の56億5300万円。個人町民税は27億700万円(同5・8%減)、法人町民税は8500万円(同9・4%減)でいずれも減額。町債は5億9300万円(同4・4%増)を発行。町債残高は10年度末で約59億円になる見込み。

歳出では、特別職(町長、教育長)と一般職(課長代理以上)の給与削減により年間約1450万円の人件費削減を見込んだものの、団塊世代の大量退職などが影響して同0・7%増の29億6300万円を計上した。特別職と一般職の給与を削減する改正条例案は19日に開かれる町議会本会議で議決される。

主な新規事業は次の通り。

▽湘南国際村グリーンパーク管理事業(1千万円)▽地域自殺対策緊急強化事業(50万円)

【】

湘南国際村に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング