1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市水道局とのウィコップ協定締結で県宅建協会が林市長を訪問

横浜市水道局とのウィコップ協定締結で県宅建協会が林市長を訪問

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2010年2月12日(金) 22:45

県宅地建物取引業協会(和氣猛仁会長)と横浜市水道局が「水源エコプロジェクト(W―eco.p=ウィコップ)」の協定を締結したことを受けて、同協会の和氣会長らが12日、林史子市長を表敬訪問した。

この日訪れたのは和氣会長と同協会の横浜6支部(中央、東部、南部、西部、北、鶴見)の各支部長ら。林市長は「初めて公益法人としてプロジェクトに参加してもらい、ありがたく思っている。今後も多くの方に参加してもらいたい」と謝辞を述べた。

同プロジェクトは横浜の水源である山梨県道志村の森づくりに取り組むもので、同協会は市水道局と3年間で合計3・5ヘクタールの水源林整備を行う。

和氣会長は「今までも道志村では、間伐や清掃作業などを行ってきた。今後も水の大切さを多くの市民に伝え、地域の一員として貢献していきたい」と話していた。

【】

水源林に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング