1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 切れ目ない支援へ「青少年プラン」の素案まとめる/横浜市

切れ目ない支援へ「青少年プラン」の素案まとめる/横浜市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2010年2月10日(水) 22:05

横浜市は10日、横浜市次世代育成支援行動計画「かがやけ横浜こども青少年プラン」後期計画素案をまとめた。生まれる前から30歳ごろまで、それぞれの年代やニーズに合わせた10のテーマを設け、子どもやその家庭への切れ目ない支援体制づくりを目指す。林文子市長が直轄プロジェクトで検討してきた「保育所待機児童の解消」についても、受け入れ定員の大幅増が盛り込まれた。12日から3月12日まで、市民意見を募集する。

プランは2010~14年度の5カ年が計画期間。地域子育て支援の場を54カ所増の150カ所とすることや、放課後児童育成施策として午後7時まで開いている居場所をニーズの高い小学校区すべてに配置することなど、具体的な数値目標も掲げられた。児童虐待防止対策や障害児への支援、保護者のワークライフバランスの推進も盛り込まれている。

この日の会見で林市長は「地域と連携して、未来を担う子どもたちをはぐくんでいきたい」などとプランの理念を説明した。

市は、市民意見の募集を経て4月以降、後期計画を確定し発表する。

プラン素案の概要版パンフレットは、区役所や地域子育て支援拠点、図書館、地域ケアプラザなどで入手できる。意見の提出方法は、パンフレットに付いている専用はがきかファクス=045(663)8061、電子メール(kd-kikaku@city.yokohama.jp)で受け付ける。問い合わせは、市こども青少年局企画調整課電話045(671)4281。

【】

児童虐待に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング