1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 地域経済活性化が争点、現職に新人2人が挑む/横須賀市長選

地域経済活性化が争点、現職に新人2人が挑む/横須賀市長選

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2009年6月21日(日) 00:00

任期満了に伴う横須賀市長選が21日、告示された。立候補したのは、届け出順に弁護士の呉東正彦氏(49)、元市議の吉田雄人氏(33)、現職の蒲谷亮一氏(64)の3人。いずれも無所属で現職に新人2人が挑む構図となった。投開票日は28日。

厳しい状況にある地域経済活性化のほか、3100億円に上る市債残高を抱える市財政の再建、人口減少対策などが争点になるとみられる。蒲谷市長の1期4年の市政運営に対する評価もポイントになりそうだ。

呉東氏は反基地や自然保護など各分野で活動している市民が集まった団体が擁立。6人の市議が応援している。長年の弁護士活動の経験を生かし、市民との協力による経済活性策や原子力空母対策を訴える。

吉田氏は現市政に批判的な経済人や2市議が応援している。若さを打ち出しながら「36年間続く官僚出身市長に終止符を」と主張。組織に頼らず、マニフェスト(政権公約集)を競う政策本位の選挙を目指す。

蒲谷氏は自民、民主、公明など30人以上の市議に加え、県議や連合系民間労組の支援を受け、組織固めを図る。行財政改革や企業誘致といった4年間の実績を強調。政策実現能力の高さをアピールしている。

20日現在の有権者数は35万3503人(男17万5609人、女17万7894人)。

各候補者の選挙事務所は次の通り。

▽呉東正彦氏=横須賀市小川町19、小川町ビル1階、電話046(825)9855。

▽吉田雄人氏=横須賀市大滝町2の25、電話046(829)1710。

▽蒲谷亮一氏=横須賀市米が浜通1の6、むらせビル1階、電話046(820)6441。

【】

横須賀市長選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング