1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市長選:六角橋商店街で「選挙割」、40店が参加して無料サービスも/神奈川

横浜市長選:六角橋商店街で「選挙割」、40店が参加して無料サービスも/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年8月20日(火) 22:49

選挙割参加店の目印を紹介する石川会長=神奈川区六角橋
選挙割参加店の目印を紹介する石川会長=神奈川区六角橋

横浜市長選の投票率アップと商店街活性化を狙った企画「選挙割」が、同市神奈川区の六角橋商店街連合会(石川清貴会長)で実施される。投開票日(25日)以降の来店時に投票証明書を提示すると、無料サービスや割引を受けられる仕組みで、石川会長(61)は「商店街に足を運んでもらうきっかけになれば。投票率の向上にも貢献したい」と期待している。

7月の参院選で同様の取り組みを各地で展開した「ワカゾウ」(東京)と共同で企画。約160店舗が軒を連ねる同商店街の加盟店のうち、飲食店や物販店など約40店舗が参加する予定だ。

サービス期間は投票終了時刻の8月25日午後8時から9月8日までで、期間中は複数の店で何度でもサービスを受けられる。来店時に提示する投票証明書は、期日前投票を含めた投票の際に市内すべての投票所で受け取れる。

サービスを提供する参加店は「選挙割参加店」のポスターが目印。例えば飲食店ではビール1杯を無料にしたり、生花店では子連れ客に花をプレゼントしたりする。マッサージ店の5分間無料サービスや物販店の値引き販売などもあり、各店舗がさまざまな工夫を凝らす。

横浜市長選の投票率は前回の市長選(2009年8月)は衆院選と同日となったことで68・76%と高かったものの、1978年から2006年までは8回連続30%台と低迷。神奈川区は特に低く、前回も市内18区のうち下から4番目の低投票率だった。

石川会長は「今まで商店街に来たことがない人にも来てもらえるきっかけにしたい。店主とお客さんのコミュニケーションが広がり、一人でも二人でも常連さんが増えれば。地元の投票率アップにも貢献できれば、参加店にとっても喜ばしい」と話している。

【】

六角橋商店街に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング