1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 市営地下鉄の立場駅で115メートルオーバーラン、運転士が居眠り/横浜

市営地下鉄の立場駅で115メートルオーバーラン、運転士が居眠り/横浜

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年3月29日(金) 22:52

横浜市交通局は29日、市営地下鉄ブルーラインのあざみ野発湘南台行き電車が立場駅で約115メートルオーバーランした、と発表した。乗客にけがはなかった。

同局によると、電車が同日午前11時40分ごろ立場駅ホームに進入した際、男性運転士(40)が居眠りをしていてブレーキが遅れたという。運転士はホーム中ほどで急ブレーキをかけ、電車は停止位置を約115メートル過ぎて停車。警報でオーバーランを確認した総合司令所が後退を指示し、停止位置まで戻った。

運転士は新横浜駅から、訓練のため自動運転から手動運転に切り替えて運行しており、「ホームに入って明るくなりはっとして起きた」と話しているという。

電車は通常よりも少し速い時速60キロ程度でホームに進入したとみられ、最終的にダイヤには約5分の遅れが生じた。他の電車への影響はないとしている。

同局は「全乗務員の健康管理を徹底するとともに、手動運転への切り替えについては取り扱いを厳正にする」としている。

【】

横浜市交通局に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング