1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 三浦市が「LINE」で情報発信をスタート/神奈川

三浦市が「LINE」で情報発信をスタート/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年3月12日(火) 22:24

三浦市はスマートフォン(多機能携帯電話)向けのアプリ「LINE」を使った情報発信を始めた。市は「LINE利用者の多い若年層を中心に、三浦の魅力を広くアピールしていきたい」としている。

LINEはNHNジャパン(東京都)が運営し、スマートフォンや携帯電話などを使って無料で電話やメッセージのやりとりができるサービス。アカウントを開設すると、「友達」登録をした利用者のスマートフォン、携帯電話にメッセージや画像を配信できる。

市は2月27日に公式アカウントを開設。これまで、市内で見ごろを迎えた河津桜の開花状況などの情報を配信した。12日までに約200人が登録しており、今後も週1回程度、観光やイベント情報の配信を行っていく。市内最大の海水浴場、三浦海岸の運営委員会もアカウントを開設しており、連携を図る。

アイコンには、ご当地キャラクター「三浦ツナ之介」を使用した。アカウント名は「@miuracity」。

【】

河津桜に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング