1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 新総合計画を6月議会に上程へ、高松市長が方針表明/伊勢原

新総合計画を6月議会に上程へ、高松市長が方針表明/伊勢原

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年3月7日(木) 22:16

伊勢原市の高山松太郎市長は7日、昨年9月の市長選に初当選後、策定を延期していた新総合計画(2013~22年度)について、6月定例会に上程する方針を明らかにした。同日開かれた市議会3月定例会の総括質疑で、中台和子氏(創政会)の質問に答えた。

同市の総合計画は今後10年間にわたる市の方向性を定める重要なプラン。市は当初、13年度から始まる新総合計画を12年の12月定例会に上程する予定だった。しかし、市長選で現職を破って当選した高山氏は、パブリックコメント(市民からの意見募集)を急きょ延期し、内容の検証や策定時期の見直しを進めていた。

高山市長は答弁で、当初まとまっていた計画案について「基本的な立場として、私の考えるまちづくりと大きく異なるところはない」との認識を説明。「なるべく早い時期にしっかりとした計画を示し、総合的かつ計画的な市政運営に努めていきたい」と述べた。

同市は12年度中に計画案を確定し、4月にもパブリックコメントを実施。6月定例会での承認を目指す。

【】

パブリックコメントに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング