1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 戸塚区新庁舎にステンドグラス、忠臣蔵や駅伝などの絵柄/横浜

戸塚区新庁舎にステンドグラス、忠臣蔵や駅伝などの絵柄/横浜

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年3月4日(月) 00:07

戸塚にちなんだデザインのステンドグラス=戸塚区新総合庁舎4階
戸塚にちなんだデザインのステンドグラス=戸塚区新総合庁舎4階

ステンドグラスが新庁舎に彩り-。横浜・戸塚駅前西口地区に完成した戸塚区新総合庁舎4階にある区民文化センター入口近くの壁に、名工の作品が取り入れられている。

制作したのは、ステンドグラス作家で横浜マイスターの平山健雄さん(64)。横70センチ、縦2メートルのステンドグラス3枚で構成される作品は、平泉作「東海道五拾三駅名所古跡略記道中双六」の木版画から、元画をアレンジしたもの。

周囲に日本橋から戸塚経由で見附(静岡県磐田市)までの宿場の様子などを配し、中央に仮名手本忠臣蔵の「腰元於かる」と「早野勘平」、箱根駅伝の絵柄など戸塚にちなんだデザインになっている。

版画の表現を残し、特殊な技術と技法で、スタッフ2人と約1年かけて制作した。「この東海道五十三次のステンドグラスを見て、親子で会話をしてほしい」と平山さん。

横浜戸塚ロータリークラブが創立50周年記念に寄贈したもので、同クラブ前会長の金子禎さん(78)は「新庁舎ができるので、何かを贈りたいと考えステンドグラスにしました」と話している。

【】

新庁舎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング