1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 国際特区の取り組み加速へ、黒岩知事が区域拡大を検討/神奈川

国際特区の取り組み加速へ、黒岩知事が区域拡大を検討/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年2月27日(水) 23:40

黒岩祐治知事は27日、革新的な医薬品や医療機器開発を目指す「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」の取り組みを加速させるため、特区の区域拡大を具体的に検討していることを明らかにした。

同日開かれた県議会定例会で、市川佳子氏(民主)の質問に答えた。

現在の特区対象エリアは、川崎臨海部(殿町地区)を中心に、横浜市域の末広、福浦地区、みなとみらい21地区の4区域。黒岩知事は、これに加えて産官学の連携で超微細(ナノ・マイクロ)加工技術の研究を進める「新川崎・創造のもり」地区(川崎市幸区)を特区区域に拡大する考えを示し、「川崎市と調整を進めている」と述べた。

区域拡大には国への申請が必要。21日開かれた県議会定例会では、佐藤光氏(自民)の質問に対して黒岩知事は「かながわサイエンスパーク(KSP、川崎市高津区)などを新たな区域として拡大するため、本年度中に申請するよう調整を進めている」とした。

【】

黒岩祐治(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング