1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 世界遺産目指し1192人がFBで魅力発信/鎌倉

世界遺産目指し1192人がFBで魅力発信/鎌倉

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年1月24日(木) 22:35

フェイスブックで鎌倉の魅力を発信する「かまくらさん」たち=19日、鎌倉市役所
フェイスブックで鎌倉の魅力を発信する「かまくらさん」たち=19日、鎌倉市役所

1192人の鎌倉ファンでつくる交流サイト「フェイスブック」(FB)ページが28日、立ち上がる。鎌倉市と民間調査研究機関が管理・運営する。登録した一人一人が「かまくらさん」と呼ばれる投稿者となり、世界遺産登録に向けて古都・鎌倉の魅力を発信する。

実名投稿型の掲示板との位置づけ。源頼朝が征夷大将軍に就いた年号にちなんで集まった1192人の「かまくらさん」は定期的に、「お勧めの飲食店」や「お気に入りの風景」といった話題を、書き込みや写真でこのページに投稿する仕組み。

静岡県富士市でも、富士山の高さにちなむ3776人の投稿者「ふじ氏」でつくる同様のページが開設される。両市はそれぞれ、6月に「武家の古都・鎌倉」と「富士山」の世界遺産登録を目指している。ソーシャルメディアを活用し、登録への市民の機運を盛り上げる狙いだ。

情報サイト運営会社リクルートライフスタイルの調査研究機関じゃらんリサーチセンター(東京都千代田区)が手掛ける。

FBは、個人と組織が運用するページに分かれるが、じゃらん独自の投稿システムを経由することで、複数の個人が一つの組織のページを共有できるようになった。投稿はそれぞれの個人ページにも反映できる。

鎌倉市は「一人一人の鎌倉への愛着を一つの形にし、その魅力を世界に発信したい」としている。

「かまくらさん」は、1192人に達するまで募集。すでに119人が申し出た。資格は鎌倉市内の個人と法人。FBの個人アカウントが必要となる。問い合わせは、鎌倉市政策創造担当電話0467(23)3000。

【】

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング