1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 平塚市総合公園、駐車場の有料化検討へ/神奈川

平塚市総合公園、駐車場の有料化検討へ/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2012年12月12日(水) 22:17

平塚市は、市総合公園(大原)の駐車場(4カ所約千台分)の有料化に向け検討に入った。現在、同公園の駐車場は無料のため、不正利用が多くあるほか、サッカーJリーグなど大規模イベントの開催時や休日は、車で訪れる来場者で周辺の渋滞を招いている。市では、地球温暖化対策からバスなど公共交通機関の利用促進が必要なことや、受益者負担の適正化のためにも、有料化を行いたいとしている。有料化が決定した場合、実施は早ければ2014年度になる見込みという。

駐車場の敷地は、ほとんどが国有地で一部が市有地。このため市は財務省関東財務局と調整中で、「市直営で収入を公園の維持管理に使うなら認める可能性が高い」との回答を得ているという。

有料化は公園内の全駐車場を一括して行う方向。料金体系や金額などは、これから検討していくが、利用施設や利用方法によって、どう配慮するかが課題となる。上限の設定などさまざまな手法を考える必要があるとしている。

同時に大型バスの駐車スペースも、普通車用スペースとの兼用で確保したいとしている。

今後、関東財務局との調整を済ませた後、整備計画の策定、パブリックコメントの実施、条例改正案の提案などの手続きが続く。

12日までの市議会12月定例会で、黒部栄三氏(清風クラブ)、野崎審也氏(無所属)の総括質問に市が答えた。

【】

関東財務局に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング