1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 県選管が政治資金収支報告書を公表、純収入額は前年並み/神奈川

県選管が政治資金収支報告書を公表、純収入額は前年並み/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2012年11月28日(水) 00:38

県選挙管理委員会は27日、県内を主な活動範囲とする政党や政治団体が提出した2011年分の政治資金収支報告書を公表した。繰越額を除いた1年間の純収入額は、法定期限までに提出した2002団体(国会議員、首長、地方議員含む)の総額が71億9102万円で、10年に比べると3115万円(0・4%)減で、ほぼ前年並みだった。政党別では、10年に引き続いて共産が1位。民主、公明、みんなの党が前年よりも増加した。

純収入のうち、個人や企業などからの寄付が約34億円と最も多く、次いで政党からの交付金が約18億円、政治資金パーティーなどの事業収入が約8億7千万円。政治資金パーティーは前年より16団体少ない70団体が120回開催した。収入が1千万円以上の特定パーティーを開いたのは、田中慶秋氏(民主)の資金管理団体など12団体だった。

政党の純収入額は、計40億5458万円(前年比0・8%増)。最多は共産の12億6124万円だった。

政党や資金管理団体を除く「その他の政治団体」は1658団体で計31億3644万円(2・0%減)。県医師連盟の1億1381万円が最も多かった。

支出総額は73億7380万円(4・8%増)。内訳は選挙費を含む政治活動費が48億7970万円(8・4%増)、人件費や事務所費などの経常経費が24億9410万円(1・6%減)となっている。

11年12月末時点で、93団体が資産を保有し、総額は17億3659万円。うち預貯金と借入金が約6割を占めた。

政治資金収支報告書は県庁で閲覧できるほか、県選挙管理委員会のホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5/)でも公開される。

【】

政治資金に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング