1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 後期計画案を修正可決、期間短縮など盛り込み/葉山町議会

後期計画案を修正可決、期間短縮など盛り込み/葉山町議会

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2012年10月5日(金) 21:55

葉山町議会は5日、6月議会で否決し、同町が今議会に再提案した第3次町総合計画後期基本計画案を修正した上で可決した。6月議会で議会側が問題視した目標年次などを議会側が変更した。

同後期計画案は2014年度を目標とする第3次町総合計画の実現を図る施策を盛り込んでおり、12年度から15年度の4年間を計画期間とする。

6月議会は「同後期計画案の期間は同計画に合わせた14年度までとすべきだが、山梨崇仁町長は自らの任期に合わせ、15年度まで1年間延長している」などとして、全会一致で否決。町議会基本条例は同計画を議決事項に定めていることから再提案を求めていた。

町側は、議会側の指摘を踏まえ、あらためて今議会に同後期計画案を再提出したが、計画期間は固持した。このため、総合計画特別委員会では9委員が14年度までの計画期間の短縮や、焼却炉の廃炉に関する文言の追加といった修正を加えた案を提出し、賛成多数で可決すべきものと決していた。この日の本会議でも修正案が賛成多数で可決された。

このほか、11年度一般会計と4特別会計の歳入歳出決算案、12年度一般会計補正予算案を可決した。

【】

こちらもおすすめ

山梨崇仁に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング