1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎市長選 現職・福田氏が立候補の意向表明

川崎市長選 現職・福田氏が立候補の意向表明

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年3月31日(金) 02:00

 11月に任期満了を迎える川崎市の福田紀彦市長(44)は30日、市役所で記者会見を行い、今年秋の市長選に再選を目指し無所属で立候補する意向を表明した。同市長選への出馬表明は初めて。

 福田氏は「『最幸のまち かわさき』の実現に向け課題は山積している。足らざるものを補い、より豊かさを深める政策を打ち出し、市民と一緒に挑戦を続けたい」と述べた。

 就任からの約3年半を振り返って「待機児童対策や中学校給食、小児医療費助成の拡充などの公約ではおおむね結果を出せた」と説明。子育て政策を重視した1期目の方向性を継続しながら、都市型の地域包括ケアシステムの構築や臨海部の活性化、地域防災力の向上に意欲を示した。「新しいマニフェスト(公約集)を今後示し、その中で目玉施策も出したい」とした。

 2013年の前回市長選では政党や団体の推薦を受けなかった。今回についても「政党や業界団体も市政を前に進める重要な存在で、協力はありがたいが、そちらに重きを置きすぎる市政運営ではいけない。現時点であえて推薦を求める考えはない」と説明した。

市長選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング