1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 「安保法強行採決は歴代と比べ異常」 民進・江田代表代行

「安保法強行採決は歴代と比べ異常」 民進・江田代表代行

選挙 | 神奈川新聞 | 2016年7月3日(日) 10:03

民進党・江田代表代行
民進党・江田代表代行

 民進党の江田憲司代表代行(衆院8区)は2日、横浜市青葉区で演説し、「安倍政権は憲法解釈をねじ曲げ、ほとんどの憲法学者が違憲と断じた安全保障法制を強行採決した。歴代自民党政権と比べても異常だ」と指弾した。

 日本国憲法をもとにした戦後日本の歩みを評価した上で「安倍晋三首相の信念は憲法9条を改正し、普通に軍隊を持って戦える国にすること。参院選で自民、公明、おおさか維新に3分の2以上の議席を与えたら、改憲に突き進む。戦前のいつか来た道を今なら引き返せる。危機意識を持ってほしい」と訴えた。

 また、14日告示の東京都知事選の候補に名前が挙がっていることに関し、「ぶれずに国政一本でやってきた。私がしゃしゃり出ることは絶対ない」と否定。その上で「党執行部の一員として、2020年東京五輪・パラリンピックを成功に導ける人材を説得中だ」と述べた。参院選神奈川選挙区に立候補している民進党公認候補の応援演説に立った。

江田憲司に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング