1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 中高生、選挙に関心を 図書館が体験型展示

中高生、選挙に関心を 図書館が体験型展示

選挙 | 神奈川新聞 | 2016年6月18日(土) 02:00

本物の投票箱に、10代向けの図書館利用アンケートを兼ねた模擬投票ができる展示コーナー=相模原市立相模大野図書館
本物の投票箱に、10代向けの図書館利用アンケートを兼ねた模擬投票ができる展示コーナー=相模原市立相模大野図書館

 22日公示の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを受け、相模原市南区の市立相模大野図書館で「18歳選挙権」をテーマにした体験型ミニ展示が行われている。若者、特に中高生に選挙に少しでも関心を持ってもらいたいと、市選挙管理委員会から借りた本物の投票箱を設置、同図書館の10代向けサービスで何を拡充してほしいかを投票してもらう「模擬選挙」を実施中だ。

 同図書館3階の行政PRコーナーで「選挙ってなんだろう。」と題して、啓発ポスターや選挙関連のお薦め本、女子美術大学の学生が市議会の依頼で描いた「市議会紹介漫画」などを展示。

 模擬投票では、それぞれ▽将来に役立つ情報▽漫画などの楽しい資料▽ネット環境▽グループ活動のサポート-の充実をマニフェストに掲げた架空の政党に票を投じる仕組みで、今後の図書館運営に役立てていきたいという。

 24日まで。月曜休館。電話042(749)2244。

18歳選挙権に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング