1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 横浜市議選緑・青葉区 江田氏“牙城”にくさび

2015統一地方選
横浜市議選緑・青葉区 江田氏“牙城”にくさび

選挙 | 神奈川新聞 | 2015年4月11日(土) 03:00

 18区のうち15区で複数候補を擁立する自民党は、前回(2011年)の市議選では現職のみの擁立だった緑区と青葉区で、今回は公認で新人の女性候補を立てている。両区は衆院8区と重なり、維新の党の江田憲司代表が連続4回勝利している“金城湯池”。自民は現職に加え、新人擁立で足元にくさびを打ち込みたい考えだ。終盤戦に入り、維新の現職や自民現職、新人はもちろん、他党の現職、新人らが互いに激しくしのぎを削っている。

 「初出馬の時に使っていた。初心に帰る」。必勝の文字の入ったはちまきを久しぶりに巻いたという緑区の自民現職は陣営の引き締めを図る。4期目を目指すが、今回は07年以来の自民候補2人での戦いとなる。「うかうかしていられない」と気合を入れる。

 同区では自民の現職と新人、民主党、維新、公明党の現職、共産党新人の計6人が4議席を争う。

 自民新人の女性は訪問看護師で、昨年11月に党横浜市連から公認を受けた。後援会組織などはないが、市医師会などから支援を受ける。「新人が簡単に受かる土地柄でもないのは承知している」と話し、仕事で培った人脈などを含め、票の掘り起こしに懸命だ。

 民主、公明、維新の現職とも毎回安定した票数を獲得しているが、自民の新人擁立で「激戦」との見方も出ている。公明は9日以降、連日のように党幹部が訪れるなど力を入れる。維新現職も「自民新人は医療関係者の支援など組織力がある」と警戒する。

 緑区と同様、青葉区も自民は現職2人に加え、新人の女性を擁立している。民主は現職と新人、維新、公明、共産は現職、神奈川ネットワーク運動と無所属は新人で計10人が7議席を争っている。

 衆院8区の緑区と青葉区で自民が新人2人を立てたことについて、自民現職の1人は「前回は調整が付かなかったが、緑も青葉も定数の3分の1以上の候補者を擁立するという原則にのっとって市連が決めただけだ」と説明する。

 一方で、自民が新たに示した支部長選任の基本方針の影響があるのではと推測する関係者もいる。2回連続で比例復活当選した現職議員は「暫定支部長」とされる。昨年末の衆院選で、維新の江田氏に敗れた自民の福田峰之衆院議員もその対象となっている。

 基本方針では、党本部が今回の統一選での貢献などを審査し、1年ごとに適否を判断する。そのため維新の関係者は「新人を立て、自民票の掘り起こしをしたという実績を残す意味もあるのでは」とみる。

 さまざまな見方もある中、自民市議団幹部は「対江田氏で自民の勢力を拡大していかないといけない選挙区には違いない」と、国政を視野に入れた足場固めの重要性を強調した。

統一地方選2015に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング