1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 現職、新人で三つどもえの戦いか 真鶴町長選

現職、新人で三つどもえの戦いか 真鶴町長選

選挙 | 神奈川新聞 | 2020年8月29日(土) 05:00

左から、宇賀一章氏、松本一彦氏、北澤晃男氏
左から、宇賀一章氏、松本一彦氏、北澤晃男氏

 任期満了に伴う真鶴町長選(9月8日告示、同13日投開票)は、投開票まで2週間に迫った。これまで立候補を表明しているのは、現職の宇賀一章(68)と、いずれも新人で元町職員の松本一彦(54)、法務団体役員の北澤晃男(50)の3氏で三つどもえとなる公算が大きい。2期8年続いた現町政への評価や、人口減少などに対する政策が争点となりそうだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

真鶴町長選・真鶴町議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング