1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 県内与党共闘に新局面 衆院神奈川6区 公明が遠山氏擁立

政界の断面
県内与党共闘に新局面 衆院神奈川6区 公明が遠山氏擁立

選挙 | 神奈川新聞 | 2020年7月4日(土) 05:00

根回しなく自民は不満


衆院6区で公明党公認が決まり、会見する遠山氏(右)と上田県本部代表=2日、神奈川県庁
衆院6区で公明党公認が決まり、会見する遠山氏(右)と上田県本部代表=2日、神奈川県庁

 公明党が次期衆院選の神奈川6区(横浜市保土ケ谷区、旭区)に、遠山清彦財務副大臣(51)=比例九州=の擁立を決めた。6区は2017年の前回、同党候補が全国で唯一敗れた選挙区。将来の主要幹部とも期待される現職副大臣に候補者を差し替え、公明は「雪辱」(党幹部)を誓う構えだ。ただ、突然の決定に連立与党の自民党内からも驚きや不満が広がっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング