1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 全国比例も激戦 県内大票田へ重点戦略

かながわ参院選2019
全国比例も激戦 県内大票田へ重点戦略

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年7月19日(金) 05:00

地盤とする地域の駅で支持を訴える比例の候補者(左)=17日、横浜市青葉区(画像の一部を修整しています)
地盤とする地域の駅で支持を訴える比例の候補者(左)=17日、横浜市青葉区(画像の一部を修整しています)

 改選4議席を巡り14人が乱立する参院選神奈川選挙区は、770万人近い有権者を抱える大票田。選挙区で出馬した候補がしのぎを削る一方、全国比例の候補も票を奪い合う“草刈り場”と化している。改選定数50に対し155人が争う比例選は大激戦。支援団体を回る全国行脚を続けたり、地元に軸足を置いて支持を呼び掛けたり-。神奈川ゆかりの候補は、21日の投開票に向けた必死の戦いを繰り広げている。

 「仲間の皆さんと力を合わせ、心を合わせて最後まで戦い抜きたい」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

参院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング