1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 【第一声動画・全文】公明党・佐々木さやか氏

かながわ参院選2019
【第一声動画・全文】公明党・佐々木さやか氏

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年7月4日(木) 18:17

 本日、この参議院選挙、立候補の届け出をさせていただきました。公明党公認、自由民主党ご推薦をたまわり、2期目に挑戦をさせていただきます。今日は雨の中、大変多くの皆さまに「佐々木さやか、頑張れ」とご声援をいただき、本当にありがとうございます。いよいよの、この選挙戦。佐々木さやか、全力で戦ってまいります。

 今回の参議院選挙、この選挙は日本の新しい時代を希望の方向に開いていくか、それとも、混迷の時代に逆戻りをするのか、この分かれ目の選挙であります。世界では、対立と協調の中で揺れ動く。国内では人口減少、少子高齢化、これが進んでいく中で、どうやって国民の安心、安全を守っていくのか、そのために明確なビジョンを示し、そして政治の安定の上で、ぜひともこの課題に取り組ませていただきたい。私、佐々木さやか、今回の参議院選挙、皆さまの、この神奈川の未来を開いていくため、全力で戦ってまいります。

 その上で、政治に皆さまの、お一人、お一人の声が届いていく、それが大切だと思っております。この1期6年の間、小さな声に誠実に向き合うということを信念として、
取り組ませていただきました。街頭演説で、つえをつきながら、じっと耳を傾けてくださるおじいちゃん、「頑張ってね」、こう握手を求めてくださるお母さん、いろいろな悩みを抱えながら、真剣な表情で私に話しかけてくださるご婦人の方、そうしたお一人お一人の声を、私はこの6年、聞かせていただく中で、国会質問には140回、立たせていただきました。

 法律家・弁護士としての経験を生かしながら、80以上の法改正にも携わらせていただきました。そのお一人、お一人の、声の中で、私は多くの実績もつくらせていただいた、こう思っております。私はこれからも、この一人の声を大切にする、このことを信念として仕事をぜひともさせていただきたい、そう思っております。

 政治は安心と希望の明確なビジョンを示さなければならない。この「人生100年時代」の中にあって、安心できる子育て、また教育、そして医療、介護、年金、この全世代型社会保障を、私はつくってまいりたいと思っております。

 とりわけ年金、高齢者の方はもちろん、若い世代の皆さんも、将来の年金がどうなるのか、これが関心事であり、皆さまに安心をお届けしなければならない。この年金制度、公明党は2004年の年金制度改革の中で、将来、少子化、高齢化の中で、年金保険料、現役世代の皆さんの保険料がどこまで上がるんだろうか、そういうご不安があった。実際に給付が将来どれぐらいもらえるんだろうか、そういうご不安があった。それを安心をしていただくために、保険料の上限を決めて、そして将来、現役世代の50%水準、こういった暮らせる年金をしっかりと確保をする。そのために年金制度改革が行われました。この年金制度は今も揺るぎなく、運用をされています。

 その一つの証拠と言えるのは、私はあの民主党政権時代、野党時代にさんざん批判をしていた当時の民主党の皆さん、当時の野田総理大臣、そして岡田副総理、こういう人たちが与党になったとたん、「年金制度は大丈夫です」「心配ありません」「持続できます」、こう国会で答弁したではありませんか。それが今、どうでしょう。あの時の答弁を忘れたんでしょうか。おんなじ人たちが、まるで年金が安心じゃないかのように言っている。私はこういうでたらめは絶対に許せません。そうしたデマで国民の不安をあおる、そういった政治は絶対許せない。選挙目当て以外の何物でもない、こう申し上げたいと思います。

 私は一人一人の安心、そのためにはお一人お一人の生活に目を向けて、その安心をつくっていかなければならない。この年金制度の上に、さらに低年金の方への給付金、また住まいの問題、働きたいという方には、そうした活躍の場を、そうした丁寧な一つ一つの政策、これを着実に実行させていく中で、全世代型社会保障、将来にわたって安心して希望を持てる、そうした社会をつくってまいりたい。そのためにもこの選挙戦、一人の声、小さな声にどこまでも耳を傾けながら、私、佐々木さやか、全力で戦い抜いてまいります。

 私は2期目に挑戦するにあたり、3つの「守る」、これを申し上げたい。1つは、防災・減災を中心として、国民の命、安全を守る、であります。

 そして2つめの「守る」、これは経済・雇用を守る。この「守る」であります。3つめは生活を守る。先ほど申し上げた、全世代型社会保障を中心として、さらに子育てがしやすい社会、また年を重ねても、安心して暮らしていける認知症対策や、がん対策、こういった施策を一つ一つ確実に進めてまいる決意でございます。

 今日より始まりましたこの選挙戦、神奈川選挙区は大混戦。全国の中でも厳しい選挙でございます。この2期目。私はこの1期6年、どの候補よりも働いてきた。どの候補よりも実績をつくってきた。こうお訴えをさせていただき、そして皆さまの希望、皆さまの安心のために、断じて戦い抜き、この議席を守り抜いてまいる決意でございます。どうか、どうか皆さま、佐々木さやかにぜひとも、絶大なるご支援をいただきますように、心から、心からお願いを申し上げます。

かながわ参院選2019に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング