1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 湯河原町長選 現新2氏が第一声

統一地方選2019
湯河原町長選 現新2氏が第一声

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年4月16日(火) 19:48

 任期満了に伴う湯河原町長選が16日、告示され、4選を目指す現職の冨田幸宏氏(61)と、新人で元町議の室伏友三氏(70)が立候補した。投開票は21日。

冨田幸宏氏(61)さらなる官民連携へ


 人口減少という現実を正面から受け止め、どのように考えていくかが大切。理想論だけでは解決できない。

 官民連携がこれまで以上に必要になってくる。観光会館は今後なくす方向になり、万葉公園は「湯河原らしさ」を残して再整備していく。

 上下水道や福祉など行政としての役目は確実性を持って進め、政策的なまちづくりや地域活性化はアイデアと資金力を持つ民の力と町の信用力で進めることが現実的な考えだ。(選挙事務所前の町立公園)

◆選挙事務所 湯河原町土肥5の5の5、電話0465(64)0231。

室伏友三氏(70)無駄な事業見直しを


 町は瀕死(ひんし)状態にある。現職が進める万葉公園再整備はいくら掛かるのか。お金は湯水のごとく使われるが原資は税金。財政が逼迫(ひっぱく)する中「箱物」を造っている場合ではない。

 私は34年間、中学校教員をやってきた。お母さんたちの時間を生み出すためにも中学校給食を実施する。無駄遣いをやめて事業を見直し、町職員の職場環境改善を図りたい。私の政策は現職に比べて小さいかもしれないが必要なこと。5日間、全力で活動する。(宮上の和菓子店前)

◆選挙事務所 湯河原町土肥1の8の5、電話0465(46)6308。

統一地方選2019に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング