1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 【統一地方選後半戦】2町長選、4町議選告示

統一地方選2019
【統一地方選後半戦】2町長選、4町議選告示

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年4月16日(火) 10:56

2町長選は現新一騎打ち

 統一地方選後半戦のうち、任期満了に伴う開成、湯河原の2町長選が16日、告示された。ともに現職と新人による一騎打ちの構図で、熱い舌戦の火ぶたが切られた。湯河原町長選が選挙戦となるのは8年ぶり。

 開成町長選はともに無所属で届け出順に、3選を目指す現職の府川裕一氏(63)と、新人で元銀行員の山神裕氏(52)が立候補。ともに小田急線開成駅周辺の整備を公約とするが、町政の継続からの発展を訴える府川氏に対し、山神氏は計画的な行財政運営や企業誘致を掲げる。

 前回無投票だった湯河原町長選はともに無所属で届け出順に、4選を目指す現職の冨田幸宏氏(61)、新人で元町議の室伏友三氏(70)が出馬。冨田氏は行財政改革の継続や官民連携の推進を、室伏氏は自然を活用した地域活性化や子育て施策充実を訴える。


開成町長選に立候補した府川氏(左)と山神氏(届け出順)
開成町長選に立候補した府川氏(左)と山神氏(届け出順)

湯河原町長選に立候補した冨田氏(左)と室伏氏(届け出順)
湯河原町長選に立候補した冨田氏(左)と室伏氏(届け出順)

 また葉山、中井、山北、開成の4町議選も告示された。前回無投票で、今回は多くの現職が引退し定数割れもささやかれた山北町議選(定数14)は15人が出馬し、8年ぶりの選挙戦となった。いずれも21日に投開票される。

定数14に20人立候補

 【葉山】定数14に対し、現職11人、元職2人、新人7人の計20人が立候補。前回から1人増えた。女性は現職、新人の計6人。

 党派別では立民2人、公明1人、共産2人、諸派1人で、無所属は14人。

 各候補は福祉の充実、老朽化する公共施設や町が導入予定の給食センターの整備のあり方などを訴える。

定数12に13人立候補

 【中井】定数12に対し前回と同じ13人が出馬し、少数激戦となった。内訳は現職10人、新人3人。党派別では共産1人、無所属12人。女性はともに現職の2人。

 各候補者は、人口が1万人を切る中で移住者増などを目指して子育て支援や、駅がない町として交通網の整備などを訴えている。

定数14に15人立候補

 【山北】定数14に対し15人が立候補し、2014年の町長選から続いた町政選挙での無投票がストップした。

 内訳は現職7人、新人8人で、党派別では公明1人、無所属14人。共産は候補者を擁立できず議席を失った。女性は現新で5人。

 定数割れがささやかれたが新人が多数出馬し、世代交代が進むことになる。

定数12に13人立候補

 【開成】定数12に対し、13人が出馬。少数激戦となった。内訳は現職10人、新人3人。党派別では公明1人、無所属12人。前回議席を失った共産は候補者を擁立できなかった。女性はともに現職の2人。

 県西部で唯一人口増が続いている町で、各候補は開成駅周辺の整備や地震・水害対策などを訴えている。

統一地方選2019に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング