1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. なぜ? 投票総数が投票者数より1票多かった 鎌倉市選管

統一地方選2019
なぜ? 投票総数が投票者数より1票多かった 鎌倉市選管

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年4月8日(月) 21:30

 鎌倉市選挙管理委員会は8日、7日投開票の知事選と県議選で、投票総数が投票者数よりも1票多くなるミスがあった、と発表した。

 市選管によると、7日午後9時40分ごろに投票者数を確定。その約2時間後、投票総数が1票多いことが分かった。

 二つの選挙の投票用紙を再度、計数機で数え直したが総数は変わらず、開票確定とした。確認作業のため、知事選、県議選とも確定時間が当初予定より1時間ほど遅れた。

 市選管によると、原因は不明。今後、投票者数を再点検するなどして、原因を探る。

統一地方選2019に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング