1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 高齢化候補者足りぬ… 山北町議選定数14割れか

高齢化候補者足りぬ… 山北町議選定数14割れか

選挙 | 神奈川新聞 | 2019年2月26日(火) 02:00

定数14のところ14陣営が出席した山北町議選の事前説明会=20日、町生涯学習センター
定数14のところ14陣営が出席した山北町議選の事前説明会=20日、町生涯学習センター

 統一地方選第2ラウンド(4月21日投開票)で改選を迎える山北町議会(定数14)が、候補者不足に悩まされている。町は少子高齢化や働く世代の流出が続いており、議会報告会では町議が立候補を呼び掛ける異例の事態。候補予定者向けの事前説明会には定数ぎりぎりの14陣営が出席したが、定数割れの懸念は今も残る。一方、町議会では昨年、定数を2減する議員提案を否決、町民からの請願も不採択にしており、定数を巡る論議が再燃するのは必至だ。

現職の引退も

 「本当はこの時期なら、おおよその立候補者数は分かるものだが、今年は動きすらない」。困惑する町議会事務局は、過去に定数割れした町村に問い合わせを始めた。前回の2015年は14人が立候補して無投票当選。今回は複数の現職の引退が予想されている。今月20日の事前説明会には14陣営が出席したが、今後の展開は不透明で、地元では定数割れの可能性もささやかれている。

 町の人口は約1万人。1990年と2017年を比較すると、約4千人減少する中で高齢化率は15%から37・4%へと急上昇。労働人口は約3800人ほど減っている。

 この事態は町議選の立候補状況にも反映され、人数と平均年齢(投票日現在)は、07年が18人で62・9歳、11年は15人で62・7歳、15年は14人(無投票)で64・3歳と、回数を経るごとに減少し、平均年齢は高いままだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

統一地方選2019に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング