1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 大磯町長選、6候補者の政策や町への思い、横顔を紹介

大磯町長選
大磯町長選、6候補者の政策や町への思い、横顔を紹介

選挙 | 神奈川新聞 | 2022年11月25日(金) 05:20

 任期満了に伴う大磯町長選は27日、投開票される。立候補者は新人の6人。いずれも無所属で、元町議の石川則男氏(70)、東海大学非常勤講師の尾白佳隆氏(70)、元県議の池田東一郎氏(61)、元国会議員政策秘書の野中幸市氏(59)、元町議の玉虫志保実氏(63)と、諸派で政治団体代表の磯山秀夫氏(75)。混戦の選挙戦で学校給食などの教育や、福祉・医療、地域活性化、人口減対策といった、さまざまなテーマで自らの政策を訴えている。各候補の横顔や出馬への思いなどを紹介する。(織田 匠)

【以下:6候補者はこんな人】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

大磯町長選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング