1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 選挙演説に手話通訳を 聴覚障害者団体が要請

参院選
選挙演説に手話通訳を 聴覚障害者団体が要請

選挙 | 神奈川新聞 | 2022年6月17日(金) 13:00

 22日公示、7月10日投開票の参院選で、聴覚障害者の団体が候補者による演説に手話通訳を付けるよう求めている。耳の不自由な人にとって手話は情報獲得の手段だが、選挙演説に手話通訳を付ける義務はなく、現状では通訳者が配置されるケースは限られている。団体は「聴覚障害者の参政権が完全に保障されているとはいえない」と訴える。

直近の国政選挙では―

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

参院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング