1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 混沌神奈川の陣 立民、ドタバタの2人擁立 共倒れ懸念も

参院選
混沌神奈川の陣 立民、ドタバタの2人擁立 共倒れ懸念も

選挙 | 神奈川新聞 | 2022年5月14日(土) 05:00

 改選を迎える参院議員の任期満了まで3カ月を切った。神奈川で決戦に備える各党の動きを通して、混沌(こんとん)とした情勢に迫る。(参院選取材班)


【左】事務所開きで参院選勝利に向けて「ガンバロー三唱」をする立憲民主党の寺崎氏ら=4月23日、横浜市中区 【右】横浜駅西口で参院選勝利に向けて女性議員らとマイクを握る立憲民主党の水野氏ら=4月23日、横浜市西区

 「2人当選に向けてできることをやるしかない」。汗ばむ陽気となった4月23日。立憲民主党県連代表の阿部知子は桜木町駅前での応援演説を終えると、慌ただしく横浜駅に向かった。この日から、公認の新人候補2人がそれぞれ活動を本格化させたためだ。

 県議の寺崎雄介(50)は横浜市中区で事務所開きを行った後、桜木町駅前で街頭演説。一方、宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員の水野素子(52)は、横浜駅西口で女性議員らとマイクを握った。

 両陣営が立民票の掘り起こしに躍起になっている。幹事長の西村智奈美が県内入りした5月8日、2人は集会で初めて顔をそろえたが、一方の陣営の選対幹部は言い放つ。「この先は一緒にやる予定はない。2人当選なんて県連のきれい事。そんな余裕はない」

神奈川で1人では…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

参院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング