1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. コロナ禍の現場から(7)協力金に面積の壁 瀬戸際の映画館

衆院選2021
コロナ禍の現場から(7)協力金に面積の壁 瀬戸際の映画館

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月28日(木) 05:00

 4年ぶりの衆院選が公示された。新型コロナウイルス禍が長引く中で、足元に広がる課題や不安。向き合っている人たちは政治に何を求めているのか。


横浜の映画文化を支えてきたミニシアター支援を訴える、支配人の八幡さん=横浜市中区の「横浜シネマリン」

 「飲食店は協力金をもらえるのに、どうしてミニシアターはもらえないのか。映画館は芸術・文化に貢献していることに気が付いてほしい。映画を『娯楽だ』と一蹴する時代は終わったと思う」

 横浜市中区のミニシアター「横浜シネマリン」支配人・八幡温子さん(65)は声を落とす。

 新型コロナウイルス禍で苦境に立たされる映画業界。中でも芸術性の高い作品を上映するミニシアターは長引くコロナ禍で大幅に来館者が減り、閉館の瀬戸際に立たされている館もある。

小規模、適用されず

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング