1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. コロナ禍の現場から(4)収入激減に嘆息…1次産業に光を

衆院選2021
コロナ禍の現場から(4)収入激減に嘆息…1次産業に光を

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月24日(日) 05:00

 4年ぶりの衆院選が公示された。新型コロナウイルス禍が長引く中で、足元に広がる課題や不安。向き合っている人たちは政治に何を求めているのか。


コロナ禍の苦境でも前を向く漁師の山田義行さん=真鶴町の真鶴港

 2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大で神奈川を含む7都府県に緊急事態宣言が発令された。真鶴町真鶴の漁師山田義行さん(46)は、今後の生活に不安を覚えた。

 町内に根ざして生計を立ててきただけに、「人の動きが町から途絶えたら、どうやって収入を得ていけばいいのか」。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング