1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. コロナ禍の現場から(2)医療従事者、増床だけでは「限界」

衆院選2021
コロナ禍の現場から(2)医療従事者、増床だけでは「限界」

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月21日(木) 05:30

 4年ぶりの衆院選が公示された。新型コロナウイルス禍が長引く中で、足元に広がる課題や不安。向き合っている人たちは政治に何を求めているのか。


同僚たちの声をまとめたノートを振り返る医療従事者の女性=18日、横浜市

 この夏、60代の男性が県内の公立病院で息を引き取った。死因は新型コロナウイルスによる肺炎。基礎疾患はなかった。

 処置に当たった男性医師(43)は、夫を亡くした妻の言葉が忘れられない。「先月まで元気だったんですよ。こんなことってあるんですね…」。約2週間入院したきり、感染予防のため、亡くなるまで面会もかなわなかった。実感が湧かない様子で、涙もなかった。

政治家の決断、命に直結

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング