1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 【神奈川11区】候補者2人の第一声

衆院選2021
【神奈川11区】候補者2人の第一声

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月19日(火) 22:43

 第49回衆院選は19日、公示され、神奈川県内では、18小選挙区に51人が立候補を届け出た。11区の立候補者の第一声は次の通り。(届け出順)

林 伸明氏(55)共産 新

林伸明氏

 自公政権を続けるか、市民と野党の共闘で新しい政権をつくるか、が問われる選挙だ。コロナ禍で医療の逼迫(ひっぱく)が続く中、地域医療を支える病院の統廃合計画は撤回。横須賀市久里浜の石炭火力発電所建設を中止し、再生可能エネルギーに転換する。11区は私が唯一の野党候補。党派の違いを超え、新しい政権をつくりたいとの願いを私に寄せてほしい。(横須賀中央駅前)

小泉進次郎氏(40)自民 前

小泉進次郎氏

 コロナの中での選挙は、今までと同じようにやっていては多くの人に声は届かない。5回目の選挙だが、初めての選挙という気持ちで全力で挑戦する。2年間環境大臣として気候変動対策などに取り組んできた。環境と経済の両立を徹底的に語り、理解と共感を広げる挑戦をしていく。「挑戦を、やめない。」のキャッチフレーズを体現する。(横須賀市の事務所前)

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング