1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 神奈川4区の候補予定者4氏が公開討論 改憲、外交…

衆院選2021
神奈川4区の候補予定者4氏が公開討論 改憲、外交…

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月18日(月) 19:05

公開討論会で意見を述べる(右から)浅尾氏、山本氏、大西氏、早稲田氏=鎌倉市内

 衆院選(19日公示、31日投開票)を巡り、神奈川4区の立候補予定者による公開討論会が17日夜、鎌倉市内で行われ、オンラインで同時配信された。憲法改正の是非や外交問題などをテーマに意見を交わした。

 出席したのは当日のくじ引き順に、無所属・元職の浅尾慶一郎、自民党・前職の山本朋広、無所属・新人の大西恒樹、立憲民主党・前職の早稲田夕季の4氏。他に出馬を予定している日本維新の会・新人の高谷清彦氏は欠席した。

 憲法改正の是非について、浅尾氏は「幅広い憲法改正の議論をしていくべきだ。9条だけでなく、前文も含めて国の在り方についてしっかり定義していく」、山本氏は「自主憲法制定は党是であり、改正すべきだ。時代のニーズに合った憲法をわれわれの手で作り上げていくことが必要」と主張。

 大西氏は「憲法をもっと良くする面はあるが、今の状況では改正に反対だ。特に個人の人権に対する意識が低すぎる」、早稲田氏は「立憲主義に基づき権力を抑制し、国民の権利の拡大に寄与するような憲法改正はあり得る。ただし9条改正は反対だ」と述べた。

 子どものマスク着用やアベノミクスの評価などについて出席者同士が質問し合う場面もあった。

 横浜、逗子葉山、鎌倉の3青年会議所(JC)の主催で、新型コロナウイルス対策のため、会場は関係者のみだった。討論会の動画は鎌倉JCのホームページで30日まで配信している。

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング