1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 鎌倉市長選 17日投開票 現新、三つどもえの争い

鎌倉市長選
鎌倉市長選 17日投開票 現新、三つどもえの争い

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月16日(土) 05:40

左から、兵藤沙羅氏、松尾崇氏、中沢克之氏(届け出順)

 任期満了に伴う鎌倉市長選は17日、投開票される。立候補しているのはいずれも無所属で、新人で自治会長の兵藤沙羅氏(46)、現職で4選を目指す松尾崇氏(48)、新人で元市議会議長の中沢克之氏(55)=届け出順=の3人。

 松尾市政3期12年の評価が争点。市役所移転や深沢地域のまちづくり、新型コロナウイルス対応などの論戦を繰り広げている。

 兵藤氏は自校式のオーガニック給食実現や食育充実を主張する。

 松尾氏は、国や県などと連携したコロナ対応や災害対策推進を強調する。

 中沢氏は市民会議創設など、市民参加の政策決定を掲げる。

 9日現在の選挙人名簿登録者数は15万1302人(男7万640人、女8万662人)。衆院選と同日だった前回市長選の投票率は60・12%だった。(竹内 瑠梨)

鎌倉市長選・鎌倉市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング