1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 鎌倉の課題(3)観光都市の姿、取り戻せるか コロナの難題

鎌倉市長選
鎌倉の課題(3)観光都市の姿、取り戻せるか コロナの難題

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月9日(土) 19:30

 鎌倉市長選は10日告示、17日投開票される。争点は3期12年の松尾市政への評価だ。現状や課題を考える。


平日で、歩く人もまばらな長谷エリア=鎌倉市長谷

 1年半以上続く新型コロナウイルス禍を経て、例年2千万人が訪れて大賑わいだった国際観光都市・鎌倉の姿は大きく変わった。

 昨年の入り込み観光客数は1963年以来で最少の738万人に。コロナ対策と市内経済の再生を両立させることは最重要課題だ。

 市のワクチン接種率は8月末から現在まで県内の市でトップのペースを維持。その一方で長く苦境にある飲食・商工関係者らは、これまでの間、客足回復への期待と、感染への不安という複雑な思いを抱いてきている。

大河ドラマ生かせるか

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鎌倉市長選・鎌倉市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング